分譲住宅のインテリア

分譲住宅の情報が満載!

当サイトでは分譲住宅における庭造り、その選び方、見学時や購入時の注意点やポイントを解説しています。
マンションと違って住宅のメリットは、自分なりの菜園などができるスペースを確保できることです。
土造りを始めることから必要となり、その他には花や野菜などを育てるのにどのくらいの広さを確保すれば良いかの視点が必要になります。
他にも鯉を飼うことができる池を確保したり、木を植えたりすることも可能で様々な工夫を施すことが可能です。

分譲住宅で庭造り

分譲住宅で庭造り 分譲住宅の場合、あらかじめ建設会社が設計を行って住宅を建築するケースがあり、内覧見学会を実施して最終的に購入を検討されます。
そのため設計段階で、庭を造るのを想定するケースと想定しないケースの二つのパターンに分かれます。
基本的には分譲住宅では、庭のことを想定しないケースが多いのが実態となります。
想定しないケースであれば、まずは菜園などのスペースを確保することができるかが重要な要素になることが多いです。
そして自分なりに工夫を施して、土造りから始めることが必要で、ホームセンターでも菜園ができるセットが販売されています。
分譲住宅で庭造りも基本的には敷地の有効活用する上で可能ですが、ある程度の広さが存在しないと難しい場合もあります。

失敗例から学ぶ分譲住宅の庭の在り方について

失敗例から学ぶ分譲住宅の庭の在り方について 分譲住宅とは、大きな土地を仕入れてそこに複数の住宅を建築し、土地とセットで販売を行う新築一戸建て住宅の総称です。
住宅地と呼ばれているような場所に、同じようなデザインの住宅が数軒建築が行われることになる、これは一つの街を形成しているなどからも、類似したデザインになるのが特徴です。
分譲住宅は家だけでなくエクステリアにおいてもしっかりとした計画の下で施工が行われますので、後からエクステリアを考えるなどが要りません。
しかしながら、分譲住宅の見学をされる人の多くは、家を中心に見学を行って購入を決めてしまうので、肝心な庭の状態がどのようになっているのかを確認することなく購入するケースもあります。
失敗例の中には、家の間取りや設備の善し悪しだけを見て購入を決めてしまった、結果的に庭を見なかったので家庭菜園を作るつもりでいたけれども、それができなくなったなどのケースもあるようです。
この場合は、日当たりがそれほど良いものではなく、ガーデニングを楽しむことができなかったなどの失敗例になるわけですが、分譲住宅の見学をする時には、道路から家を見る、中に入って間取りの確認およびエクステリアから家を見るなどが大切なのです。

住宅の情報サイト

さいたまの分譲住宅ことなら

新着情報

◎2019/3/29

サイト公開しました

「分譲 例」
に関連するツイート
Twitter